国内に在住する外国人が増える一方で海外へ旅行する人も増えて人の移動がインターナショナルになりました。

インターナショナルで刺激的!カリフォルニア旅行

外国人の在住と海外への旅行者の増加で国のインターナショナル化

半世紀前までは国内旅行でさえ、宿泊を伴う旅行は経済的な余裕のない生活を強いられていたので簡単にできることでありませんでした。ましてや、海外旅行には多額の費用がかかったので、貧乏人には夢のような話でした。終戦後、為替レートが1ドル=360円の固定相場制が長期間続いてきましたが、昭和48年になって変動相場制が導入されると、当時の経済力に応じて急激に円高となってきたことと働く者の賃金のアップが重なって生活が豊かになり、海外からの商品も急速に輸入されるようになりました。すると、国民の意識も海外へ向くようになり始めて、次第に外国の製品が普及しだしたのです。この頃、国民は海外、特に欧米先進国からのものや情報を競うように得ようとしていた時代で、国民は自分の生活様式がインターナショナル化することに憧れを抱いていたといえるでしょう。

当時は留学して帰国した人が周囲にいて、英語を流暢に操っていると羨望の目を向けたものでした。このような社会環境の中でわが国の国民が働き蜂のように働く習性があって、先進国に追い付き、追い越せをスローガンにして経済成長する時代が続いた結果、海外旅行には少し貯金をすれば出かけられるほどの生活レベルを獲得し、一時はGDPが世界第二位の経済力を持つほどに経済的豊かさを手にいれたのです。その後、パソコンが家庭に入り込むと、インターネットを通じて大量の情報が世界中から流入するようになってきたのです。この過程で高度情報化社会が急速に広がり、経済は一層、グローバル化し、人々の交流も激しくなってきて、国内にも在住する外国人が増える一方で国内からも海外へ旅行する人も増えて人、もの、金の移動がすっかりインターナショナルになりました。

Copyright (C)2018インターナショナルで刺激的!カリフォルニア旅行.All rights reserved.